日本のオンラインカジノを 正確に比較するサイト| 信頼できるカジノレビュー| カジノの勝利戦略とヒント、フリースピン情報などを無料提供

不調な時こそウィナーズ投資法|負けを耐えて勝機を掴む術を徹底解説!

こんにちは!日々カジノでの勝利法を研究している、TopJapaneseCasinos編集部のケイイチです。質問があれば私に連絡してください。

カジノゲームにおける効率的・効果的な勝ち方をシステム化するシステムベッティング。予想を外したり調子が悪かったりした時に、勝機を窺いながら負けを耐え忍ぶ。そんなウィナーズ投資法をあらゆる観点から徹底解説いたします! 

このガイドでは、次のポイントを徹底的に解説します。

1.ウィナーズ投資法とは? 
2.ウィナーズ投資法が有効なゲーム 
3.ウィナーズ投資法のやり方 
4.ウィナーズ投資法の計算方法と理論 
5.ウィナーズ投資法のメリット 
6.ウィナーズ投資法のデメリットとコツ


1. ウィナーズ投資法とは?


ウィナーズ投資法とは数あるシステムベッティングの中でも、負けや連敗が重なる不調時に、その損失を最小に抑えながら着実に減らし、収支プラス転換を目指すための戦略の一つです。そのため、重なる負けに耐えられるように敗北による影響を小さくし、少ない勝利でより多くを取り戻せるような特徴を有しております。

ギャンブルや投資などの勝負の世界では確かに「勝つ事」が重要ですが、それ以上に「負けない事」に大きな価値がある時があります。なぜなら、常勝する事は極めて稀で、勝つ回数と同じだけの回数を負ける事の方が普通だからです。負けている時に用いる、他分野においても広く知られるこのマネジメントシステムをご紹介させて頂きます。


2.ウィナーズ投資法が有効なゲーム 


数あるカジノゲームやオンライカジノの中でも、勝率50%配当2倍が存在する下記のゲームにおいて有効です。しかし、勝率と配当倍率の管理と調整ができる場合、他の様々なゲームにおいてもウィナーズ投資法を応用できることをお忘れなく。

ルーレット:

ルーレットゲームの賭け方の中に、ボールが落ちたポケットの色が赤か黒かを賭けるプレイ法があります。そのプレイ法であれば、ウィナーズ投資法をご利用いただけます。

バカラ:

プレイヤーかバンカーのいずれかが勝者となる2択で、ウィナーズ投資法を駆使しましょう。

ブラックジャック:

バカラ同様にプレイヤーかディーラーのいずれが勝者となり、ゲームを見極めればその勝率も50%。

他にもウィナーズ投資法を試すのに打ってつけなオンラインゲームがこちらです。

オンラインカジノライブカジノプロモーション今すぐプレイ
ラッキーニッキー最高$999までのマッチボーナス今すぐプレイしよう!
カジノゴッズ100%初回入金ボーナスを最高$100まで進呈!今すぐプレイしよう!
ウィニングキングスライブカードボーナス: カードゲーム5連勝で最大$500獲得今すぐプレイしよう!

3.ウィナーズ投資法のやり方


ウィナーズ投資法の具体的なやり方をご説明いたします。基本的なウィナーズ投資法は下記のシンプルなステップを踏むだけで、誰もがご使用いただけるベッティングシステムとなっております。尚、この戦略には賭金を記録する必要があるため、不慣れな初めの頃は、メモをとる準備をすることをお勧めいたします。

ステップ1:勝率50%配当2倍に近いゲームを選択する。

カジノゲームには様々なゲームが存在し、一つのゲームの中にも様々な賭け方ができます。その中からおよそ50%の確率で勝てて、勝った際に掛け金の2倍の配当がもらえるゲームと賭け方をご選択いただきます。

ステップ2:基準となる初回の賭金を設定する。

金額に関しては自分の軍資金とリスクバランスを鑑みて、自由に設定していただけます。

ステップ3:2連敗目からは勝敗によって次のアクションを選択する。

2連敗するまでは初回賭金にて自由にプレイして頂いて結構です。2連敗目からは直前の勝敗に応じて次のいずれかのアクションを選択します。

負けた場合 ➡︎ 下の例①の例えのように、直前に賭けた金額を数列の右端に記録する。そして次回ゲームは、数列の左端の金額を倍にした金額を賭ける。

勝った場合 ➡︎ 下の例②の例えのように、数列の左端の記録を消す。そして次回ゲームは、数列の左端の金額を倍にした金額を賭ける。

ステップ4:ゲームを勝った時に、記録している数列が無くなったらシステム終了。

システムが終了したならば、無事に負けによる負債を返して、収支をプラスにする事ができます。その後は、ウィナーズ投資法を再度行うも良いですし、ゲームの展開を踏まえてマーチンゲール法グッドマン法など別のシステムベッティングに切り替えても良いです。


4.ウィナーズ投資法の計算方法と理論


ウィナーズ投資法を用いてゲームをプレイした際のシミュレーションとともに、その理論を解説させていただきます。下の表①は6連敗から3連勝した様子を表しており、表②は何度か連敗が発生した場合を表します。

表① 6連敗から3連勝

表② 複数の連敗

ポイント1:負けや連敗が重なっても、損失の増加が緩やか!

シミュレーションを見ると分かるとおり、ウィナーズ投資法を用いると、連敗が長引いても、多くの回で負けても、他のシステムベッティングと違って負債額が加速的に増えるようなことは起きません。

ポイント2:少ない回数の勝ちでも負債額を取り戻せる!

負ける回数の方が多い場面や、連敗をたくさんする場面などでウィナーズ投資法を用いると、負けの回数と比較して少ない勝利で負債を回収する事ができます。


5.ウィナーズ投資法のメリット


ウィナーズ投資法に詳しくなった今、その良さを感じていただいていると思すが、戦略を定着させるためにも一度そのメリットを明示いたします。

メリット1:不調を耐え忍ぶ力

ウィナーズ投資法の魅力の一つが、多数の敗北や複数の連敗に対して、その悪影響を分散させてリスクを最小化している事です。勝負の世界では、いかなる人でも様々な要因によって、負ける時は負けるのです。そんな世界で生き残るためには、大敗して再起不能にならぬよう、不調の時期を耐え忍ぶ戦略を待ち合わせなければなりません。不調の時にうってつけの戦略がウィナーズ投資法なのです。

メリット2:少ない勝利で不調を脱却する力

ウィナーズ投資法のもう一つの魅力は、比較的少ない回数勝利で収支をプラス転換させる可能性を秘めている点です。貴重な勝利の価値を最大化する事で、早期に不調を脱却する事ができるのです。

上記2つのメリットが対になる事で、ウィナーズ投資法が「負けない事」に関して強力な性質を有する結果となるのです。


6.ウィナーズ投資法のデメリットとコツ 


デメリット1:不調以外の場面では効果薄・悪影響

ウィナーズ投資法のデメリットは、不調以外の場面、すなわち連勝時や勝利と敗北が交互になった場合に、収支の伸びが遅かったり、マイナスになったりする場合がある点です。

連勝時の場合と勝利と敗北が交互の場合について詳しく見てみましょう。

連勝時

下の表③を見て分かる通り、システムが発動されていない場合に連勝しても収支の増加率は一定であり、全然増えません。一方、どれほど連勝が連なろうと、同じだけ連敗が連なると、表③のAのようにマイナス収支になってしまいます。

コツ1 ➡︎このケースにおける一番のポイントは、勝っている時・調子がいい時はウィナーズ投資法を使わない事です。そういう時こそ、マーチンゲール法の応用であるリバース・マーチンゲール法などを使うべきなのです。

コツ2  ➡︎下の表③のように連勝時に誤ってウィナーズ投資法を使ってしまい、その後連敗してマイナス収支になってしまったとしましょう。そんな時は焦らず、ウィナーズ投資法を続行しましょう。連勝していたことを無視して表を見ると、それは連敗が続く不調な時期そのものであり、システムを継続すると表のBのように自ずとプラス転換します。

表③連勝のシミュレーション

敗北と勝利が交互の時

下の表④を見て分かる通り、敗北と勝利が交互になった場合、表④のAのように収支のマイナス額がどんどん大きくなってしまいます。

コツ1 ➡︎こういう場合は引き際を見極める事が重要です。下の表④を見て分かる通り、敗北と勝利が交互になると、負けた際の収支は増加していきますが、勝った際の収支は変わらず一定になっています。つまり、少しのマイナスを受け入れて、勝った時にシステムを終了させることも時には重要です。下の表④を例にしたら、−10や−18の負けた時よりは、マイナス収支がどんどん大きくなるリスクを増やさずに−2を受け入れた方が圧倒的に得策です。

表④敗北と勝利が交互のシミュレーション

上記のように、ウィナーズ投資法はあくまでも負けが続く不調な時に使うべきであって、それ以外の場面では他の戦略を使うべきなのです。

デメリット2:システムの運用が難しい

ウィナーズ投資法の難点は、システムを運用するにあたって、負けた時の賭金を記録しなければならない点です。メモが取れる環境になるのであれば、多少はその難点も解消されますが、できない場合はかなりの慣れが必要です。

一方で、オンラインカジノであれば、メモなんてとりたい放題なので、この点は全く問題にならないでしょう!