日本のオンラインカジノを 正確に比較するサイト| 信頼できるカジノレビュー| カジノの勝利戦略とヒント、フリースピン情報などを無料提供

マーチンゲール法 | 「理論上必ず勝つ」?ギャンブルの基本戦略の徹底解説

こんにちは!日々カジノでの勝利法を研究している、TopJapaneseCasinos編集部のケイイチです。質問があれば私に連絡してください。

ネット上でカジノでの勝ち方を調べるとたくさんの戦略を学ぶことができるかと思います。しかしそれらの中で、一番効果的な戦略を見つけるのはなかなかに骨が折れます。そんなあなたのために、このコンテンツでは実際のカジノはもちろん、オンラインカジノにも効果的な戦略をご紹介いたします。

ここでは、「バカラ」や「ルーレット」のように、勝率の管理が行え、配当がベット額に対して2倍3倍にできるゲームに有効な、マーチンゲール法をご紹介いたします。

このガイドでは、次のポイントを徹底的に解説します。

1. マーチンゲール法とは?
2. マーチンゲール法の計算方法と理論
3. マーチンゲール法が有効なゲーム
4. マーチンゲール法のメリット
5. マーチンゲール法のデメリット
6. マーチンゲール法の応用
7. マーチンゲール法の禁止
8. リバース・マーチンゲール法
9. グランド・マーチンゲール法
10. トリプル・マーチンゲール法


1. マーチンゲール法とは?


マーチンゲール法とは、最も古典的かつ必勝法として長年愛されたベンティングシステムです。それは「理論上は必ず勝つ」として有名な戦略であり、カジノに限らずF Xなどの投資の世界でも流通する基本として知られています。

基本的な考え方としては、勝率50%配当2倍のゲームにおいて、負けた時に次に賭ける額を前回の倍にしてベットするというシンプルなものです。負けたら賭け額の倍プッシュを繰り返し、どこかのタイミングで1回でも勝てば、収支がプラスとなります。また、連敗が続く可能性も低いという考えが、この戦略の根底にあります。

マーチンゲール法のやり方

やり方はほぼ前述した通りですが、具体的にご説明いたします。基本的なマーチンゲール法は下記のシンプルな2ステップを踏むだけで、誰もがご使用いただけるベッティングシステムとなっております。

ステップ1:勝率50%配当2倍であるゲームを選択する。

カジノゲームには様々なゲームが存在し、一つのゲームの中にも様々な賭け方ができるます。その中から50%の確率で勝てて、勝った際に掛け金の2倍の配当がもらえるゲームと賭け方をご選択いただきます。

ステップ2:勝敗によって次の賭け金額を選択する。

第一回目は普通にプレーいただき、第二回目以降からは前回の勝敗に応じて次のいずれかの賭け方を選択します。

負けた場合 ➡︎ 次回ゲームは前回の倍の金額をベットする。

勝った場合 ➡︎ 次回ゲームは初回賭け金額をベットする。

この2ステップを行っていただくだけで、ゲームに勝った際に、収支が必ずプラスにベッティングシステムになっております。


2. マーチンゲール法の計算方法と理論


マーチンゲール法を用いてゲームをプレイした際のシミュレーションとともに、その理論を解説させていただきます。下の表は連敗している様子を表しております。

ポイント1:負けた際賭け金を倍にすると、累計の損失を取り返せる!

シミュレーションを見ると分かるとおり、マーチンゲール法を用いると、どんなに累計の損失が膨らもうと、どこかのタイミングで一度でも勝てれば、累計収支がプラスに転じるのです。負けた際、前回賭け金の倍を賭けるのは、これを可能にするためなのです。

ポイント2:負けない戦略ではなく、勝てる戦略!

マーチンゲール法を用いて1度勝つと、収支が0になるのではなく、初回の賭け金分勝っていることが分かります。つまりこの戦略は、負けないための戦略ではなく、累計収支が「理論上必ず勝つ」戦略なのです。

ポイント3:連敗する確率は回を追うごとに小さくなる。

連敗確率の列を見ていただくと分かるとおり、負ける確率は回を重ねるごとに半減し、ゼロに収束していきます。逆に言えば、勝つ確率が限りなく100%に近づくのです。つまり、理論上はどこかのタイミングで必ず勝つシステムなのです。


3. マーチンゲール法が有効なゲーム


前述の通り、数あるカジノゲームやオンライカジノの中でも、勝率50%配当2倍が存在する下記のゲームにおいて有効です。しかし、勝率と配当倍率の管理と調整ができる場合、他の様々なゲームにおいてもマーチンゲール法を応用できることをお忘れなく。

ルーレット:

ルーレットゲームの賭け方の中に、ボールが落ちたポケットの色が赤か黒かを賭けるプレイ法があります。そのプレイ法であれば、マーチンゲール法をご利用いただけます。

バカラ:

プレイヤーかバンカーのいずれかが勝者となる2択で、マーチンゲール法を駆使しましょう。

ブラックジャック:

バカラ同様にプレイヤーかディーラーのいずれが勝者となり、ゲームを見極めればその勝率も50%。

他にもマーチンゲール法を試すのに打ってつけなオンラインゲームがこちらです。

オンラインカジノライブカジノプロモーション今すぐプレイ
ラッキーニッキー最高$999までのマッチボーナス今すぐプレイしよう!
カジノゴッズ100%初回入金ボーナスを最高$100まで進呈!今すぐプレイしよう!
ウィニングキングスライブカードボーナス: カードゲーム5連勝で最大$500獲得今すぐプレイしよう!

4. マーチンゲール法のメリット


マーチンゲール法に詳しくなった今、その良さを感じていただいていると思すが、戦略を定着させるためにも一度そのメリットを明示いたします。

メリット1:シンプル

戦略がシンプルであることは、初心者にも使いやすいというメリット以上の価値があります。それは、運用や計算に時間的・環境的な制限を受けにくく負担が小さいことです。シンプルなため、計算ミスなどのリスクも最小限に抑えられるのです。

メリット2:圧倒的守備力

ギャンブルとはリスクと報酬の兼ね合いです。その兼ね合いを効率化したのがベッティングシステムであり、数あるシステムの中でもマーチンゲール法の守備力は他を圧倒します。着実に報酬を積み重ねて、勝利を手にすることができるのです。


5. マーチンゲール法のデメリット


デメリット1:多大な軍資金が必要

マーチンゲール法の根底には、勝つまでゲームを続けるという前提があります。逆に言えば、マーチンゲール法を成立させるには、連敗を耐えうる軍資金が必要であるということです。

負けを耐えるのは一見容易いと思われるかもしれませんが、下の連敗シミュレーションをご覧ください。

シミュレーションの通り、初回ベット額が$1だった場合でも、10連敗しただけで$1023の負債となります。20連敗したらなんと$1,048,575の負債です。

マーチンゲール法のメリットでお伝えした通り、連敗する確率は負けが重なる度に半減していきますが、極小とはいえ可能性として十分あり得るのです。

ちなみに、ルーレットにおいて単色が連続して出た最多回数の正式記録は、1913年の「黒」の27回連続です。

デメリット2:精神的負担

マーチンゲール法を成立させるには、連敗を耐えうる資金の他に、メンタルの強さも重要です。なぜなら、負けが重なる度に負債額が加速的に膨らむ精神的負担に耐えなければならないからです。加えて、1勝して収支がプラスに転じた際も初回ベット額分のみのため、連敗時の加速的な負債の増加との対比もかなり心理的負担になります。連敗の精神的負担を凌ぎながら、コツコツと着実に勝ちを重ねるメンタルの強さを要するのです。


6. マーチンゲール法を使う際のコツ


「理論上は必ず勝つ」ベッティングシステムでさえ、ご紹介した通りのデメリットやリスクが存在します。ここでは、それらを踏まえた、マーチンゲール法を運用する際のコツをご紹介いたします。

コツ1:初回ベット額を低く設定する。

連敗が続いた際に加速的に増加する負債額を耐えなければならないのがマーチンゲール法です。つまり初回のベット額が高いと、負債が増加するスピードをより早めてしまうリスクがあります。なのでこのベッティングシステムを用いる際は、資金に対してなるべく小さい金額を賭けることをおすすめします。

コツ2:最高ベット額が高額なゲームを選択する。

「理論上は必ず勝つ」システムだけに、マーチンゲール法はカジノの運営側としては不利なのです。それに対抗するという理由もあって、1ゲームで賭けることのできる金額に上限が設けられている場合があります。つまり、連敗が続いて次回ベット額が上限金額を超えてしまうと、強制的にマーチンゲール法を中断し、負債総額を受け入れ得なくなるのです。そのようなリスクを可能な限り小さくするために、最高ベット額がより高いカジノゲーム・オンラインカジノを選択しましょう。

コツ3:引き際を決めて、必ず守る。

必勝に近いマーチンゲール法にも、あらゆる要因により負ける可能性が少なからずあります。また、負債額の巨額化という特徴を踏まえると、損切りを念頭におかなければなりません。ゲーム前の冷静な判断ができる内に引き際を設定し、損切りラインを超えた時は潔く身を引きましょう。負けるときは負けるのだと割り切ることも時には重要です。


7. マーチンゲール法の禁止


マーチンゲール法はその性質上、カジノ運営側には不利な仕組みになっています。よってカジノ運営側はマーチンゲール法に対抗せねばならず、その対策の一つに、システム自体を禁止するケースがあります。よって、カジノ施設やオンラインカジノで遊ぶ際は、その点を注意する必要があります。しかし、システム自体を禁止するカジノ施設・オンラインカジノはあまり見かけないのでご心配には及びません。

むしろ、マーチンゲール法の対策としてほとんどのゲームが行っているのが、最高ベット額の上限を設定することです。つまり、マーチンゲール法によって連敗できる回数に制限を設け、上限額を超えたら強制ロスカットさせるのです。

よって、マーチンゲール法を用いる際は、禁止事項はもちろんながら、最高ベット額にも注意していただきたく存じます。


8. リバース・マーチンゲール法


マーチンゲール法の基礎を理解いただけたと思いますので、次はそれを応用したシステムをご紹介いたします。最初にご紹介するシステムは「リバース・マーチンゲール」です。世間では「パーレー法」として知られている場合もあります。名が表している通り、マーチンゲール法のシステムを逆転させたシステムベッティングとなっております。

やり方

前述の通り、手順をマーチンゲール法の逆のことを行うだけです。つまり、勝敗によって行う選択を逆にするのです。

負けた場合 ➡︎ 次回ゲームは初回賭け金額をベットする。

勝った場合 ➡︎ 次回ゲームは前回の倍の金額をベットする。

シミュレーションと特性

上記の手順を踏んだ際のゲームのシミュレーションを見てみましょう。

下の表は、2連敗→5連勝→2連敗した際のシミュレーションです。

シミュレーションから見て取れることは、手順が逆さまになると、マーチンゲール法の特性の逆転していることです。つまり、リバース・マーチンゲール法の特性は下記の通りになります。

特性1:連勝すると加速的に配当額が上がっていく。

マーチンゲール法の場合、連敗するほどに負債額が加速的に膨れ上がるのに対し、「リバース」の場合はその逆で、連勝すればするほど配当額が爆発的に膨れ上がります。

特性2:一度でも負けると累計収支が初回ベット額分マイナスになる。

上のシミュレーションでは、5連勝した後に一度負けていることが確認でき、今まで膨れ上がったプラス分が一回の負けで帳消しになっていることが確認できます。このように、マーチンゲール法の逆で、「リバース」の場合、どれだけ連勝して巨額のプラス配当を得られても、一度さえ負けてしまうと累計収支がマイナスに転じてしまいます。

メリット・デメリットとコツ

リバース・マーチンゲールの長所と短所もやはりほぼ逆転しています。

メリット1:少ない資金でも巨額の資金を狙える。

「リバース」の場合はどれだけ連敗しようが、初回ベット額の積み重ねにしかなりません。よってゲームを続行するにあたり、巨額の資金を要する場合はあり得ないのです。

メリット2:精神的のも負担が少ない。

マーチンゲール法のように、加速的に増える巨額の負債を耐える必要がありません。なりより、連勝を重ねることができれば、負債分を一気に取り戻してプラス収支にできる魅力もあるため、メンタル面では負担が少ないです。

デメリット3:「理論上必ず負ける」システムである。

上記のメリットと引き換えに、当然ながらこのシステムはマーチンゲール法の必勝性も逆転します。連勝する可能性はすればするほど小さくなり、一度でも負ければマイナス収支になるからです。つまりこのシステムは、「理論上」はコツコツ「負け」を積み重ねてしまうのです。

➡︎このデメリットを踏まえる、このシステムを運用するにあたって重要となるコツ引き際です。一度でも負ければ勝ち分が水の泡となってしまうため、連勝している時、連勝の可能性の低さを考慮して身を引くことが大事になるのです。

コンビネーション応用

リバース・マーチンゲール法は他のシステムベッティングとのシナジーが強力であることでも有名です。他の戦略と組み合わせることで、この戦略のデメリットを緩和・解消する事ができるのです。コンビネーション応用にご関心がある場合は下記リンクの記事を一読ください!

👉リンク:パーレー法|爆発力に安定をもたらすコンビネーション応用を徹底解説!


9. グランド・マーチンゲール法


次にご紹介する応用は、「グランド・マーチンゲール」です。こちらは通常のマーチンゲール法よりも少し攻める姿勢が強い応用となっております。

やり方

通常のマーチンゲール法とほぼ同じですが、下記のように負けた際に賭ける金額を2倍から2倍+αにします。

負けた場合 ➡︎ 次回ゲームは前回の2倍+αの金額をベットする。 

勝った場合 ➡︎ 次回ゲームは初回賭け金額をベットする。

シミュレーションと特性

上記の手順を踏んだ際のゲームのシミュレーションを見てみましょう。

下の表1は、通常のマーチンゲール法にて連敗が続いた際のシミュレーションです。

そして表2は、2倍+1にて行ったグランド・マーチンゲール法での、表1と同じ状況のシミュレーションです。

表1「通常マーチンゲール法」

表2「グランド・マーチンゲール法

このシミュレーションから見て取れる「グランド・マーチンゲール」の特性は2つあります。

特性1:負債額の加速度がより早い。

通常のマーチンゲール法は負けたら倍にして賭けるところを2倍+1にして賭けるだけで、10回目のベット額がおよそ倍違うことが見て取れます。このように、2倍+αの「α」の値次第で負債額の増加スピードがまるで違います。

特性2:連敗が重なると、勝った際により多くプラス収支になる。

通常のマーチンゲール法では、どんなに連敗が続こうが、一度勝てば収支が初回ベット額分しか加算されません。一方、シミュレーションの通り、「グランド」の場合、連敗の回数にαの値を乗じた分、勝った時のプラス収支が増えます。

メリット・デメリットとコツ

基本的には通常のマーチンゲール法と同様ですが、「グランド」特有のものがこちらです。

メリット:収支増加速度が2倍+αの「α」に応じて少し早い。

通常のマーチンゲール法が初回ベット額分を地道に重ねていく一方で、「グランド」の場合は連敗数とαの値に応じてより多くに収支を得られます。必然的に、どこかのタイミングで勝つことができれば、より効率的に配当を稼ぐことができます。

デメリット:必要資金と精神的負担の増大。

連敗がつづくと、通常のマーチンゲール法よりさらに早い加速度で負債額が膨れ上がります。それらを耐えうる資金とメンタルが、このシステムの運用には必要です。

➡︎コツは、通常のマーチンゲール法と同様ですが、より細心の注意を持ってして行ってください。


10. トリプル・マーチンゲール法


次にご紹介する応用は、「トリプル・マーチンゲール」です。こちらも名が表す通り、賭け金を3倍にして行うシステムであり、その分応用の中でも一番リスクもありますが状況によっては非常に有効なシステムです。

やり方

通常のマーチンゲール法とほぼ同じですが、下記のように負けた際に賭ける金額を2倍から3倍に変更します。

負けた場合 ➡︎ 次回ゲームは前回の3倍の金額をベットする。 

勝った場合 ➡︎ 次回ゲームは初回賭け金額をベットする。

シミュレーションと特性

上記の手順を踏んだ際のゲームのシミュレーションを見てみましょう。

下の表は、異なる連敗数が現れた際のシミュレーションです。

このシミュレーションから見て取れる「トリプル・マーチンゲール」の特性は2つあります。

特性1:連敗が重なるほど爆発的に負債額が増える。

通常のマーチンゲール法は負けたら倍にして賭けるところを3倍にして賭けるため、当然ながら連敗が続くと比にならないほど負債が膨れ上がります。

特性2:連敗が重なるほど、勝った際により大きなプラス収支になる。

通常のマーチンゲール法では、どんなに連敗が続こうが、一度勝てば収支が初回ベット額分しか加算されません。一方、シミュレーションの通り、「トリプル」の場合、負ければ負けるほど、勝った時のプラス収支が加速的に大きくなります。

メリット・デメリットとコツ

基本的には通常のマーチンゲール法と同様ですが、「トリプル」特有のものがこちらです。

メリット:収支増加速度が圧倒的に早い。

通常のマーチンゲール法が初回ベット額分を地道に重ねていく一方で、「トリプル」の場合は連敗に応じて大きな収益を狙うことができます。必然的に、どこかのタイミングで勝つことができれば、より効率的に配当を稼ぐことができます。

デメリット:必要資金と精神的負担の増大。

連敗がつづくと、通常のマーチンゲール法よりさらに早い加速度で負債額が膨れ上がります。それらを耐えうる資金とメンタルが、このシステムの運用には必要です。

➡︎コツは、通常のマーチンゲール法と同様ですが、より細心の注意を持ってして行ってください。