日本のオンラインカジノを 正確に比較するサイト| 信頼できるカジノレビュー| カジノの勝利戦略とヒント、フリースピン情報などを無料提供

日本でのオンラインカジノ税について知っておくべきすべきのこと

こんにちは!日々カジノでの勝利法を研究している、TopJapaneseCasinos編集部のケイイチです。質問があれば私に連絡してください。

最近、ますます多くの日本人プレイヤーがオンラインカジノでのプレーを決めています。この種のエンターテインメントの利便性を考えると、理由としては当然の結果ですが、パチンコや競馬に比べてオンラインカジノのペイアウト率が95%-97%と非常に高いことも理由として充分うなずけます

免責事項:このページで提供される情報は、情報の目的のみ使用されるべきであり、それは個人的な状況を考慮しておりません、税務アドバイスとして解釈されるべきではありません。常にあなたを適切に導くためには資格を獲得した税務コンサルタントのサービスを利用してください。

このガイドでは、次のポイントを徹底的に解説します。

1. オンラインカジノからの収入は課税対象でしょうか?
2. オンラインカジノでの賞金の所得税を計算する方法は?
3. オンラインカジノの確定申告書の準備
4. 要点まとめ

Is income from online casinos taxable?

短い答えはYESです。すべてのギャンブル収入は課税対象です。

宝くじの賞金は、国が購入時に税を控除するため、非課税であり例外です。ただし、競馬、競輪、競艇、オートレース、パチンコ、オンラインカジノのゲームの賞金は課税対象所得と見なされます。

パチンコや競馬の賞金の多くは現金で受け取るため、銀行やその他の記録には記録されず、税務署が金銭の流れを把握することは困難です。しかしながら現金の流れがデジタルで記録されている場合、お金の流れを追跡する方がはるかに簡単です。オンラインカジノでプレーするとき口座の申告でカジノによって記録された勝ち負けがみえる、さらに、オンラインカジノからの賞金は銀行に直接振り込まれることが多く、当局が追跡しやすいお金の流れを生み出します。したがって、その制度をごまかそうとしないでください。電子マネープラットホームやビットコインを使用している場合でも、オンラインカジノでの脱税で捕まることはあります、必ず税金を払ってください!

税務当局がギャンブルの賞金を適切に申告していないことを発見した場合、「無申告加算税」が課せられる場合があります。したがって、罰せられたり、追加の税金を支払ったりすることを避けるために、資格のある会計士と一緒に適切に確定申告を提出することは常に良いアイデアです。

オンラインカジノでの賞金の所得税を計算する方法は?

オンラインカジノでの賞金は、「一時取得」または「偶発的取得」に分類されます。

国税庁は、一時的取得を「営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得」 としています。

簡単に言えば、一時取得とは、会社が従業員としてあなたに支払う給与や、ビジネス利益から得るかもしれないお金から受け取らない「1回限りの」収入です。

国税庁によると、以下の5種類が一時所得に分類されています。

(1) 懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。)
(2) 競馬や競輪の払戻金
(3) 生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。)や損害保険の満期返戻金等
(4) 法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものは除きます。)
(5) 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

⚠️ オンラインカジノで勝った金額は、ポイント(1)懸賞や福引きの賞金品、および(2)「競馬や競輪の払い戻し金」に該当するため、ギャンブル活動の賞金に税金を支払う必要があります。 

ステップ1:一時取得を計算する

あなたを知る必要があります:

●「収入金額」とは、税年度(1月1日〜12月31日)内のすべてのギャンブルの賞金合計です。    
●「支出金額」とは、プレイによって発生する費用であり、入金や引き出しの手数料などが含まれる場合があります。ギャンブルでの損失は含まれておりません、これは非常に重要なポイントです。こちらについてもう少し詳しく見てみましょう。

一時所得の計算式
【一時所得】=【収入金額】-【支出金額】-【特別控除額 (最高50万円)】

⚠️⚠️ギャンブルでの損失は支出として分類することはできません⚠️⚠️

たとえば、ギャンブルの賞金総額が300万円で、同じ年のギャンブルの損失が100万円の場合、200万円が課税対象のように見えるかもしれませんが、ギャンブルの損失は費用として扱われず、したがって、総収入から差し引かれません。 

損失を費用として使用するには、賞金が「その他の収入」であることを税務当局が納得する必要があります。これは、パチンコまたはオンラインカジノゲームからの賞金が収入の一部として獲得されたことを証明する必要があることを意味します、これは非常にまれなことです。 

公平を期すために、国税庁は年間500,000円の特別控除額を認めており、これを賞金と相殺して税負担を下げることができます。

50万円」を超えないようにしてください!その場合ギャンブルの賞金給与税またはレポートする必要はございません

ギャンブルの賞金が50万円を超えるとどうなるでしょうか?

ギャンブルの賞金が500,000円を超える場合は、所得税申告書を提出し、所得税を支払う必要があります。その場合、以下のステップ2と3に進みます。

 ステップ2:一時所得の課税対象額を計算する

一時取得を計算後、課税対象になる部分を計算する必要があります。

課税対象となる額の計算式
【課税対象額】=【一時所得】× ½

一時所得の課税対象部分は、一時所得に1/2を掛けた金額です。

ステップ3:所得税を計算する

所得税の計算式
【所得額】= 給与等の所得 + 一時所得の課税対象額
【所得税】=( 所得額 - 控除額 )×【税率】

一時所得は課税対象となるため、所得税は、下の表に示すように、他の収入(給与収入や事業収入など)の合計に税率を掛けて計算されます。

総課税所得額税率控除額
0〜195万円5%0 円
195万〜330万円10%97,500 円
330万〜695万円20%427,500 円
695万~900万円23%636,000 円
900万〜1800万円33%1,536,000 円
1800万〜4000万円40%2,796,000 円
4000万円以上45%4,796,000 円

このポイントがもう少し複雑になる可能性があるため、例を見ていきみましょう。

パチンコやオンラインカジノで勝ったときの収入から費用を差し引いた総額が300万円の場合、課税一時所得は50万円特別控除し、125万円になります。

✏️ 【一時所得】250万円= 300万円(当選金 )- 50万円(特別控除)

✏️ 【️課税対象額】125万円 = 250万円【一時所得】× ½

✏️ 【所得額】525万円 = 400万円 【給与等の所得】 + 125万円 【️課税対象額】

✏️ 税率は、他の所得との合計所得額である「課税総所得」の水準に応じて変化します。この例では、課税対象総所得が525万円の場合、適用される税率は20%で、控除額は427,500円になります。

✏️ 【所得税】964,500 =(525万円 【所得額】 - 427,500円 【控除額】 )× 20%  

ここで使用している計算は一例であり、状況によって変わる可能性があります。不明な場合は税務専門家にご相談ください。

オンラインカジノの確定申告書の準備

オンラインカジノの賞金にかかる所得税の計算方法がわかったので、税金と確定申告プロセスを申告する必要がある時期を見てみましょう。

⚠️ 毎年1月1日から12月31日までの間に得たお金にのみ税金を支払います。これは税年度と呼ばれます。
⚠️ 税を申告するには、翌年の2月16日から3月15日までに提出する必要のある確定申告書を完了する必要があります。確定申告を行うためにすべての情報をまとめてから1か月半持つ期間があります。

たとえば、2020年8月にパチンコまたはオンラインカジノでプレーを開始し、2020年8月から12月31日までの間に50,000円以上を獲得した場合、2021年2月16日から3月15日までの間に確定申告書を提出する必要があります。

⚠️ 2020年12月31日以降に獲得した可能性のある収入は、2020年通年の確定申告に含みません。

確定申告書の準備に必要なプロセスは次のようになります。

(1)年間の収入と支出に関するすべての情報を収集する

これには、オンラインカジノの賞金の年間収入がすべて含まれます。いつでもオンラインカジノのカスタマーサポートにメールを送信できるので、サポーターはそれに応じて案内することができます。また、給与など、その他の取得を示す書類も収集する必要があります(会社に雇用されている場合は、通常、年末に源泉徴収票が発行されます)。費用に関しては、オンラインカジノからの支払い記録と費用の領収書を提供する必要があります。

(2)確定申告書

準備する自信がある、または会計士や税理士の協力を得る場合、自分で申告書を作成できます。これにより、所得税を正確に計算し確定申告にエンターできます。

(3)確定申告提出

必要な書類は2月16日から3月15日の間に、関連する税務署に提出しなければならない

(4)所得税の支払い税務署に支払う

所得税を支払います(最終的な確定申告で提出された計算に基づきます)。この支払いは、さまざまな方法で行うことができます。  

● e-Tax      
● 送金
● クレジットカード      
● コンビニエンスストアのQRコード      
● 銀行などの金融機関

要点まとめ

⭐ ギャンブルの収益は、金額と一時所得税率に応じて課税されます。      

⭐ ギャンブル活動(領収書、明細書、伝票など)からの支出と収入を記録してください。      

⭐ すべての賭博賞金の合計が税年度内に500,000円未満の場合は、報告し税金を支払う必要はありません。      

⭐ 課税年度内(1月1日から12月31日まで)に50万円を超えるギャンブルを行ったプレーヤーは、2月16日から3月15日までに確定申告を提出する必要があります。      

⭐ ギャンブルで失ったお金は「支出」としてカウントされません。つまり、賞金からギャンブルでの損失を差し引いて所得税の負債を減らすことはできません。      

⭐ 海外在住の日本人プレイヤーの場合、居住国によってはオンラインカジノの賞金が非課税になる場合があります。イギリス、スウェーデン、ルーマニア、ルクセンブルク、ハンガリー、イタリア、ドイツ、カナダ、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、マルタ、オーストリア、ベルギー、オーストラリア、ブルガリアに居住している場合、オンラインカジノの賞金は非課税となります。ただし、賞金で帰国した場合、金額によっては課税対象となる場合があります。税務コンサルタントに確認することをお勧めします。

徹底的オンラインカジノ税のガイドが教育的で価値あるものであることをご理解いただければ幸いです。グッドラック!