日本のオンラインカジノを 正確に比較するサイト| 信頼できるカジノレビュー| カジノの勝利戦略とヒント、フリースピン情報などを無料提供

ビット コイン カジノ


ビットコインカジノについて知っておくべきすべてのこと


最近では、米ドル、ユーロ、円などの従来の通貨に加えて、ビットコインや他の種類の仮想通貨を取引の通貨として受け入れるオンラインカジノも増えてきています。

オンラインカジノの中には、ビットコインや仮想通貨を含む様々な支払い方法を提供しているところもありますが、ビットコインカジノでは、ギャンブルやマネーベースゲームをビットコインや他の仮想通貨でのみ提供しています。


最高のビットコインカジノ


数多くのビットコインカジノを見てきましたが、一番のおすすめは、ビットコインや他の仮想通貨を専門に取り扱う1xBit Casinoです。このビットコインカジノは、常に何かしらの魅力があることや、最大7BTC(ビットコイン)のウェルカムボーナスが非常に魅力的なため、日本人プレイヤーにも愛されています!しかし、1xBit Casinoが数あるオンラインカジノの中でもかなりユニークである理由は、従来のカジノゲームからライブカジノ、宝くじ、クイックウィンスクラッチカード、ファイナンシャルベッティング、スポーツ、eスポーツ、バーチャルスポーツなどに至るまで、最もバラエティに富んだゲームを提供しているという点にもあります!


ビットコインを受け入れるトップのカジノ


また、ビットコインや仮想通貨をはじめとした様々な支払いを受け付けているトップカジノの一覧が以下の通りです。

  1. ミスティーノカジノ
  2. ボンズカジノ
  3. ベットパットカジノ
  4. カジノ360

ビットコインカジノで遊ぶメリットとは?


1. より大きなボーナスと配当

ビットコインや仮想通貨のカジノの方が、ボーナスや配当がかなり大きくなっています。お主な理由は、ビットコインの価格が時間の経過とともに上昇し続けているという事実に起因します。

いくつかの調査をした後、私たちのスタッフは、ビットコインカジノにおける過去最大の勝利と思われるものを発見いたしました。それは、「Nakowa」という名前のプレイヤーがサイコロゲームで11,000BTCを獲得したというものです。これは2013年9月、マウントゴックス事件の暴落の直前に起きたことです。「Nakowa」がこれらのコインをまだ保有していた場合、現在の1BTCあたりの価格が4万ドル前後とすると、ジャックポットは4億4,000万ドル(日本円で4,150億6,000万円相当)という驚異的な価値を持つことになります。

2. 取引手数料の低減

ビットコインや他の仮想通貨の取引コストはごくわずかなので、時間をかけて大金を賭けているのであれば、取引コストで得られる節約分は相当大きなものになるかもしれません。

3. 1日の取引規模の制限なし

ほとんどのビットコインカジノは取引規模に制限を課していないので、制限なしで大勝ちするために大盤振る舞いするハイローラーVIPプレイヤーに最適です。

4. 取引速度の高速化

ビットコインカジノは、一般的に非仮想通貨のカジノよりも入出金時間が早いです。結局のところ、スポーツのライブゲームでチャンスを見つけたら、間違いなく入金時間の早いカジノを利用したいと思うでしょう。その逆も然りで、オンラインカジノで大金を獲得した場合には、素早く出金したいと思うでしょう。

さらに、オンラインギャンブルがまだ合法化されていない国では、一部の銀行機関がギャンブルサイトへの取引を処理しないため、プレイヤーはお金の入出金において別の方法を探す手間が発生します。

5. 匿名性

ブロックチェーンを介して行われる取引は、従来の銀行システムの外で行われているため、ビットコインや仮想通貨のカジノでは一定の匿名性があります。これは、第三者からあなたの個人情報や金融情報へのアクセスを防ぐことを意味します。しかし、仮想通貨が時間の経過とともに規制されるようになると、この利点は徐々に薄れていきます。

6. 税制上の有利性

国によっては、仮想通貨やオンラインカジノからの収入は非課税とされていますが、残念ながら日本ではそうではありません。日本では、仮想通貨の取引、マイニング、貸与、ギャンブルからの収入は、雑所得一時所得に分類されます。

雑所得や一時所得の扱いについては、日本のオンラインカジノの税金についてのブログで詳しく紹介しており、これは仮想通貨にも適用されます。


ビットコインカジノのデメリットとは?


メリットについて説明したところで、ビットコインと仮想通貨カジノのデメリットについて見ていきましょう。

1. 価格変動性

ビットコインをはじめとする仮想通貨の価格は変動性があります。為替レートは非常に早い値動きを見せることがあります。それが円に対してプラスに動いた場合、これはあなたに有利に働きます。しかし、マイナスに動けば、もちろん不利に働きます。

2. 合法性ビットコインと仮想通貨

一部の国では、ビットコインや仮想通貨への適応が遅れており、海外に住む日本人の海外在住者にとっては不利な状況となる場合があります(もちろんどこに住んでいるかにもよりますが…)。一方で、日本は世界でも最も先進的な仮想通貨の規制風土を有しているとされており、2017年4月には、ビットコインやその他のデジタル通貨を決済サービス法の下で合法的な財産として認めています。

3. カジノライセンス

ビットコインカジノは特定の管轄区域で発行されたライセンスを取得する必要がないと言う危険性がありますが、Top Japanese Casinosのチームでご紹介するカジノは、有効なライセンスを保持しているビットコインカジノのみを選択しているので、この点は心配する必要はありません。

4. 保管

ビットコインは比較的早く安全な決済方法であるため、ビットコインでの入出金を日本のプレイヤーに提供しているオンラインカジノは数多くあります。 しかし、パスワードを忘れたり、紛失したりしてビットコインや仮想通貨にアクセスできなくなることは今に始まったことではありません。また、ハッカーから狙われるリスクも大きいです。あなたのデジタル資産の全てをハッキングで失う可能性があります。Top Japanese Casinosでは、ハッキングされた経験がなく、高いレベルのサイバーセキュリティを採用しているビットコインカジノを選ぶようにしています。しかし、どんな策を講じても、ビットコインや他の形態の仮想通貨を扱う際には、これら大きなリスクが消えないのも事実です。

ビットコインカジノのメリットとデメリットを知ったところで、ビットコインとは何か、ビットコインの仕組みを徹底解説していきます。

以下の通りご説明させていただきます。

1. ビットコインとは?
2. ブロックチェインとは?

オープンデジタル台帳とはどういう意味ですか?
「Distributed」としての「分散」
「Decentralized」としての「分散」
なぜブロックチェーンが必要なのか?
3. ビットコインの仕組みとは?
ビットコインの需給ダイナミクスを理解する
将来的に新しいビットコインが採掘されなくなる時が来るのでしょうか?


1.ビットコインとは?


これを読んでいる方の多くは、ビットコインがデジタル決済の送受信に使用できるバーチャル通貨の一形態であることを知っていると思います。 しかし、ビットコインや仮想通貨がユニークなのは(バーチャル通貨の一形態である以上に)、ブロックチェーンとして知られているデジタル台帳上で動作しているという事実です。


2. ブロックチェーンとは?


ビットコインやその他の暗号通貨は、ブロックチェーンを介して運営されています。ブロックチェーンとは、多くのタイムスタンプを含んだ不変のデータレコード(ブロック)で構成されたオープンデジタル台帳で、(「ノード」と呼ばれる)分散型のコンピュータの大規模なクラスタによって管理されています。これらノードは互いに完全に独立しており、一般の人が見ることができるようになっています。

これらのデータレコード(またはデータのブロック)はそれぞれ、暗号技術を使用して安全に保護されとともに、互いに繋がり蓄積されます。「ブロックチェーン」という言葉が生まれたのはそれが所以です。

オープンデジタル台帳とはどういう意味ですか?

(オープンデジタル台帳の)「オープン」という言葉は、コードの性質(ブロックチェーンはオープンソースコードを使ってプログラムされている)を表す重要な表現である一方、ブロックが公開され、誰もが見ることができるので透明性が高いという意味でも「オープン」です。

これらのブロックは公開され、誰もが見ることができますが、改変することはできず、ブロックチェーンに新しいブロックが追加されると、多数のレコードを含む現物の台帳やデータベースのように、連続したレコード列(リンクされたブロック)が形成されます。

「分散」という用語も重要で、実は2つの意味合いがあります。

「Distributed」としての「分散」

「Distributed(分散)」とは場所のことを指します。ブロックチェーンが分散型であるのは、記録の位置が様々な独立したクラスタ(「ノード」と呼ばれる)にまたがって存在し、ブロックチェーンに新しいデータが記録されるたびに自動的に更新されるからです。

ブロックチェーン上で稼働しているノードの数が多ければ多いほど、ハッキングは難しくなります。例えば、ブロックチェーン上のデータ記録を改ざんしようと思ったら、暗号化によって個別に保護されているネットワーク上のノードの半分以上(50%以上)をハッキングしなければなりません。そして、超量子コンピュータのでもない限り、それは事実上不可能なのです。

Facebookは分散(distributed)型ネットワークの一例です。なぜなら、あなたのサークル内の友人があなたのコンテンツをシェアした瞬間に、コンテンツの作成者であるあなたはそのコンテンツのコントロールを失うからです。同様に、ブロックチェーンに何かを載せた瞬間に、そのコントロールを事実上放棄していることになります。

完全に分散させるためには、異なるブロックチェーンネットワークがお互いを認識し、相互に作用できることが不可欠です。これは、様々なブロックチェーンネットワーク間で自由に情報を共有することができるという意味で、相互運用性という重要な概念をもたらします。

「Decentralized」としての「分散」

集中型(Centralization)と分散型(Decentralization)は、異なるレベルの制御を意味します。

ジャパンタイムズは、コンテンツに関するすべての決定が一つのエンティティによって制御されているので、集中型の良い例です。一方、YouTubeはユーザーがどのようなコンテンツを表示するかを作成し、決定するので、分散型ネットワークの良い例です。したがって、YouTubeのコンテンツのコントロールは、一人の個人や団体によって行われるのではなく、互いに独立した多くの人々によって行われています。

米ドルや日本円などのお金は、政府機関が管理しているため集中型なシステムであるのに対し、ブロックチェーンは中央権威や管理する団体が存在しないため、分散型のシステムとなっています。

なぜブロックチェーンが必要なのか?

ブロックチェーンが必要とされるのは、記録を安全に保存できるデジタルデータベースを持つことで、現在の非効率性の多くが解消されるからです。ブロックチェーン技術は、透明性と監査証跡を必要とするビジネスにとって特に価値のあるものとなるのです。

ブロックチェーンは、規制当局に、安全で効率的で疑う余地のない監査証跡を、全取引履歴とともに提供することができます。例えば、現在、すべての銀行や金融機関は厳しいマネーロンダリング防止規制に縛られているため、新しい銀行口座を開設したり、不正な支払いをしたりすると、お金がどこから来たのか(給料や事業利益など)や取引の内容など多くの質問をされることになります。このプロセスには時間がかかり、コストがかかり、非効率的です。しかし、すべての取引がブロックチェーン上で行われる世界では、すべての記録が安全なブロックチェーンデータベースで互いにリンクされているため、金融機関は多くの質問をする必要がなくなります。 

カジノ業界にとってデジタル通貨は、カジノの運営環境の効率化と低コスト化を促進し、収益の拡大だけでなく、セキュリティの強化にもつながる可能性があります。また、この形態の決済ソリューションを採用することで、不正行為を防止するための施策をとるよりも、問題が発生した後の対応に注力することの多い、時代遅れのコンプライアンスプログラムの必要性を減らすことができます。

私は、透明性が高まり、監視が強化される時代に突入していると考えています。そして、これらの将来のブロックチェーンの発展は、オンラインカジノビジネスをより効率的に運営する方法において、無限の可能性を提供してくれるかもしれません。さらには、デジタル化と自動化の推進により、収益性を大幅に向上させる可能性も秘めています。

また、スマート・コントラクト技術を用いた製品は、サプライチェーン構造においても効果を発揮し、コスト削減と効率化を実現していることがわかっています。可能性は無限大なのです。

1つの支配的なブロックチェーンプロジェクトではなく、複数のプロジェクトが存在することで、それぞれのプロジェクトが特定の問題をよりうまく解決することができるようになると、Top Japanese Casinosのチーム考えています。そのため、多くの異種ブロックチェーンが共存し、様々な異なるブロックチェーンが相互に作用できる、真の相互運用可能なものが勝者として君臨すると見ています。


3. ビットコインの仕組みとは?


ブロックチェーンとは何か、なぜブロックチェーンが重要なのかが分かったところで、ブロックチェーンネットワーク上で運営されているデジタル決済の一形態としてのビットコインを、より深く見ていきましょう。ビットコインがどのように機能するのか気になりませんか?

ここでは、ビットコインの仕組みを簡単に説明しますので、1から見ていきましょう。

ビットコインの取引がブロックチェーンに登録される前に、各取引を検証してメモリプールにグループ化するための採掘者を必要とします。

採掘者は、複雑な暗号問題を解くことができる特殊なコンピュータハードウェアを使用しています。暗号問題やパズルが解けたら、かなりの労力のもと、採掘者は前のブロックのハッシュ値を見つけ、ブロックチェーンネットワークに発表します。その後、メモリプール内にあるビットコインの取引が新しいブロックに入れられ、採掘者はブロック報酬を受け取ります。現在、ビットコイン(BTC)のブロック報酬は6.25 BTCに取引手数料を加えたものです。

つまり、複雑なパズルを解いてブロックを作成することに成功した採掘者には、ブロック報酬(現在は新たに採掘されたビットコインにつき6.25BTC)に加えて、ブロックに含まれるすべての取引の取引手数料が与えられます。 この6.25 BTCの報酬は、採掘者がビットコインネットワークにブロックを追加するたびに与えられます。つまり、採掘者がビットコインネットワークにブロックを追加することに成功するたびに、6.25BTCの報酬を受け取ることになります。今日のBTCの価格が30,000ドルであることを考えると、そのブロックの報酬は187,000ドル(または9,411,161円)の価値があることになります。

このプロセスが、ビットコインのプルーフ・オブ・ワークアルゴリズムがブロックチェーンネットワーク上でどのように機能するかを説明しています。しかし、ますます難しくなる数学的なパズルを解くには、ますます多くの計算能力が必要となり、その結果、ますます多くの電力を必要とすることになります。つまり、プルーフ・オブ・ワークは非常にエネルギーを必要とするプロセスなのです。

ビットコインの需給ダイナミクスを理解する

それを踏まえて、さらに理解を深めるために数字を代入してみましょう。6.25の新規ビットコインは、本記事執筆時点で187,000ドル(または9,411,161円)に相当します。現在、約10分に1ブロックが採掘されています。つまり、24時間以内に新たに作成された144個のブロックが、ネットワークに追加されたことになります。そして、各ブロックの報酬は現在6.25ビットコインの価値があるので、毎日900の新しいビットコインがビットコインネットワークに追加されていることになります。ビットコイン1個あたりの価格30,000ドルをベースにすると、2700万ドル(28億1,776,500円)相当のビットコインが、毎日新たに作成されてネットワークに追加されていることになります!

上記の通り、金銭的な報酬が魅力的です。そのため、ビットコインを採掘しようとする採掘者が多く存在します。これらの新しいビットコインのために競争する採掘者が増えれば増えるほど、ビットコインを採掘するのは難しくなり、コストも高くなります(ビットコインの採掘には非常に高いエネルギーと設備のコストがかかります)。新たに採掘されるビットコインの難易度と取得コストが上昇するにつれ、採掘者は報酬のより多くを、運営コストを賄うために支払わなければなりません。

採掘コストの割合は、地域や、所有ビットコインを取引所に(おそらく、5%から8%の金利で)貸し出して収入を得ている場合などによって、低くなるかもしれません。

いずれにせよ、私たちがここで主張しようとしているのは、採掘者が運用コストの上昇をカバーするために、新たに採掘したビットコインを売却することが必要になってくるということです。新しいビットコインが市場に供給されると、反対側には魅力的と思われる価格で購入する買い手が現れるでしょう。供給が需要を上回る場合、ビットコインの価格は下落します。時には特定の採掘業者が運営可能な状態を維持することができなくなり、運営コストをカバーするために保有するビットコインを売却せざるを得なくなるレベルまで、価格が下落するかもしれません。これは、ビットコインの価格が突然大きく下落する理由の説明になります。一方で、もし誰かがビットコイン市場を操作しようとした場合でも、採掘コストの上昇により、最終的には保有しているビットコインの一部を売却せざるを得なくなるため、そう簡単にはできないことの説明にもなります。

採掘プロセスは、毎日作成される新しいビットコインの数を多かれ少なかれ一定に保つために、意図的に競争力を持たせるように設計されています。しかし、市場を操作しようとする者の意欲を削ぐためでもあります。これは誰かが価格を操作できないことを意味せず、むしろやろうと思えば可能ですが、それでもビットコイン市場を追い詰めることは非常に難しいでしょう。

将来的に新しいビットコインが採掘されなくなる時が来るのでしょうか?

ビットコインのブロック報酬は4年ごとに半分に分割されるので、数学的にはブロック報酬がゼロになることはありません。私たちが言いたいのは、実際には純粋な「0」の数字に達することはありませんが、0.0000000001などに落ちる可能性があるということです。

ビットコインのブロック報酬は21万ブロックを採掘するごとに半減します。報酬は50ビットコインから始まり、その後25、12.5と半減し、現在は6.25となっています。ブロック報酬は2024年5月には3.125に再び半減し、その後も約4年ごとに半減していきます。

また、確実に言えることは、ブロック報酬は最終的に半減し、採掘者が受け取る取引手数料と比較して、採掘の収入はごくわずかの割合になるということです。しかし、そのシナリオはその時のビットコインの価格に大きく左右されます。

極端なシナリオではあるが、(今から何年も後に)ブロック報酬が0.000244141に達し、各ビットコインの価格が7億7000万ドルまで上昇した場合、採掘者が稼げる収入は今日のレベル(10分ごとに18万7000ドル)と変わらない可能性があります。もちろんこれは極端な例ですが、ここで強調したいのは、ブロック報酬の半減と言う要因単独では、あまり意味がないということです。

結論としては、ビットコイン市場を追い詰めて永遠に保有しようとするインセンティブはありません。なぜなら、我々が指摘しているように、そのような行動は、採掘のコスト上昇を考えると非常に可能性が低いからです。さらに、仮に彼らが管理できたとしても、それはビットコインへの信頼を破壊し、彼ら自身の利益に反する結果が避けられないからです。

ビットコインを皆が手にすることが第一の目的であることを同意いただけると思います。ビットコインを持っている人が多ければ多いほど、いつかビットコインが基軸通貨として認識される可能性が高くなるからです。

このページのすべてを読んでいただけたなら、おめでとうございます。これであなたは、ビットコインとブロックチェーンの基礎と、ビットコインと仮想通貨カジノを特別なものにしている理由をよく理解できたかと思います。