日本のオンラインカジノを 正確に比較するサイト| 信頼できるカジノレビュー| カジノの勝利戦略とヒント、フリースピン情報などを無料提供

ココモ法|連敗を覆す大勝となる1勝を呼び込む戦略を徹底解説!

こんにちは!日々カジノでの勝利法を研究している、TopJapaneseCasinos編集部のケイイチです。質問があれば私に連絡してください。

カジノゲームにおける効率的・効果的な勝ち方をシステム化するシステムベッティング。「理論上必ず勝つ」というマーチンゲール法の特性を引き継ぎ、連敗すればするほどより大きくプラス転換できる魅力満載の夢ある戦略を授けます!

このガイドでは、次のポイントを徹底的に解説します。

1.ココモ法とは?
2.ココモ法が有効なゲーム
3.ココモ法のやり方
4.ココモ法の計算方法と理論

5.ココモ法とマーチンゲール法の比較
6.ココモ法のメリット
7.ココモ法のデメリット
8.ココモ法を使う際のコツ


1. ココモ法とは?


ココモ法とは数あるシステムベッティングの中でも、連敗の損失を一回の勝利で取り戻せる特徴を有する戦略です。また、負ければ負けるほど、勝った際の利益が増えることもその特徴です。それらの特性が所以で、マーチンゲール法の変化形・進化版と呼ばれることもあります。

負けがどうしても続いてしまう不調な時、しかし、攻めの姿勢でベッティングをしたい方には打ってつけの戦略と言えます。


2. ココモ法が有効なゲーム


数あるカジノゲームやオンライカジノの中でも、勝率33%配当3倍が存在する下記のようなゲームにおいて有効です。一方で、勝率50%ゲーム等、勝率が高く配当の倍率が低いとその効果を発揮できない点をご注意ください。

ルーレット:

ルーレットゲームの賭け方の中でも、ダズンベットやコラムベットで賭ける勝率33%配当3倍のプレイ法であれば、ココモ法をご利用いただけます。

他にもココモ法を試すのに打ってつけなオンラインゲームがこちらです。

オンラインカジノライブカジノプロモーション今すぐプレイ
ラッキーニッキー最高$999までのマッチボーナス今すぐプレイしよう!
カジノゴッズ100%初回入金ボーナスを最高$100まで進呈!今すぐプレイしよう!
ウィニングキングスライブカードボーナス: カードゲーム5連勝で最大$500獲得今すぐプレイしよう!

3.ココモ法のやり方


ココモ法の具体的な運用方法をご説明いたします。基本的なココモ法は下記のシンプルなステップを踏むだけで、誰もがご使用いただけるベッティングシステムとなっております。

ステップ1:勝率33%配当3倍に近いゲームを選択する。

カジノゲームには様々なゲームが存在し、一つのゲームの中にも様々な賭け方ができます。その中からおよそ33%の確率で勝てて、勝った際に賭金の3倍の配当がもらえるゲームと賭け方をご選択いただきます。

ステップ2:2連敗するまでは普通にプレイ。

ココモ法は2連敗してからシステムを開始する戦略です。そのため2連敗するまでは普通にプレイしていただいて結構です。

ステップ3:前回と前々回の賭金の合計金額を賭ける。

2連敗以降のゲームにおける賭金は、直前とその1つ前を合わせた金額を賭けてください。

上記の簡単な3ステップを1勝するまで続ければ、1勝した際に、連敗が重なれば重なるほどに大きなプラス転換が自然と行われています。


4.ココモ法の計算方法と理論


ココモ法を用いてゲームをプレイした際のシミュレーションとともに、その理論を解説させていただきます。下の表は3連敗、5連敗と勝利を交互に繰り返した際の様子を表しております。

表① 3連敗、5連敗から勝利が交互

ポイント1:1回の勝利で連敗の損失を取り戻す!

表①の「注目点1」と「注目点2」を見ていただくと分かるとおり、ココモ法を運用すると、どれほど連敗を重ねて、どれほど累計収支が膨れ上がろうと、1勝さえできればその積み重なった負債をプラス転換させることができるのです。

ポイント2:連敗が重なれば重なるほどに1勝の価値が上がる!

表①の「注目点1」と「注目点2」を比較して見てください。 「注目点1」の場合、3連敗して1勝すると累計収支が「0」から「6」で「+6」になっております。一方「注目点2」の場合、 5連敗して1勝すると累計収支が「6」から「18」で「+12」になっております。このように、ココモ法を運用していると、負ければ負けるほど勝った際の収益が大きいのです。

ポイント3:ココモ法が発動していない=勝っている!

当然のことですが、ココモ法は2連敗以降の連敗時に発動されます。つまり、連勝はもちろんのことながら、表①の「注目点3」のように勝利と敗北が交互に繰り返される場合、配当が3倍なので収益がどんどん増えていくことになるのです。

ポイント4:負けることは当然!

忘れがちではありますが、ココモ法は勝率33%配当3倍のゲームに適応される戦略です。つまり、そもそも3回に2回は負けることが普通のゲームであり、連敗が続くことは普通なのです。


5.ココモ法とマーチンゲール法の比較


冒頭でも少し触れましたが、ココモ法は「連敗が続いても1勝で損失を取り戻す」という点において、かの有名なマーチンゲール法と類似していると言えます。ここでは、マーチンゲール法との比較をすることで、ココモ法のさらなる特徴を見ていきます。

表② 3連敗からの6連敗 

ポイント1:賭金・負債の増加スピードの違い

表②のポイント1の項目を比較してみてください。表の通り、ココモ法の場合、マーチンゲール法よりも賭金や負債総額の増加スピードが緩やかなことが確認できます。マーチンゲール法が倍々という爆発的増加をする一方、ココモ法は増加が比較的緩やかになるよう設定されているからです。

これは軍資金や精神面において、ココモ法が大きく有利なことを示しています。

ポイント2:1勝の価値

この点もココモ法がより優れている点となります。表②のポイント2の「累計収支」の項目にて、連敗から1勝した際のプラス転換の様子を確認してみてください。ご覧の通り、マーチンゲール法が常に「+1」しかしない一方で、ココモ法の場合は負ければ負けるほど大きなプラス転換を見せるのです。

表③  連敗が続いた際

ポイント3:連敗する確率と賭金・負債額

両方の戦略において「連敗確率が0に収束する」、つまり「理論上必ず勝つ」という特徴を有しています。しかし、ベッティングシステムを適応できるゲームが違い、それぞれの勝率が違うため当然なのですが、ココモ法の方がマーチンゲール法よりも連敗が続く可能性が高いです。

さらに重要な点として、連敗確率と賭金・負債額の関係を見ると、ココモ法の方がその額が大きいことがわかります。表③の青と赤でハイライトされている項目を比較してみてください。青ハイライトの場合は両戦略にて発生確率が約0.7%の事象、赤ハイライトは約0.01%と近似した連敗確率ですが、その際の金額はかけ離れています。

つまり、実際にプレイしている際に連敗した場合、ココモ法は前述した「ポイント1」の通り緩やかな増加率なので、短期的に見ると精神的・資金的負担は少なく感じます。これは決して悪い点ではなく、より長い回数を安定した精神・資金状態でプレイできるというメリットがあります。しかし、理論上の起こりうる確率から見ると、長期的にはより精神的・資金的負担が大きいことを意味します。


6.ココモ法のメリット


ココモ法に詳しくなった今、その良さを感じていただいていると思すが、戦略を定着させるためにも一度そのメリットを明示いたします。

メリット1:1勝で連敗の負債を取り戻せる

ココモ法の大きな特徴が、1勝でも勝つことができれば、それまでにどれだけ連敗していようが関係なくプラス転換できる点である。これはマーチンゲール法と同様の性質であり、すなわちココモ法も「理論上は必ず勝つ」戦略と言えるのである。

メリット2:連敗が重なるほどに1勝の価値が増す

マーチンゲール法に類似する特徴を持つココモ法だが、決定的に違うメリットがこの点である。連敗すればするほど、勝った際のプラス転換額が大きくなることは、より速いペースで収益を増やすことができます。

メリット3:連敗時の賭金・負債額の増加が緩やか

連敗時に加速的に増えていく金額が緩やかであることは、特に初心者のプレイヤーに非常に有益な特性である。なぜなら、プレイヤーに対する精神的プレッシャーが軽減され、より安定的で冷静な判断をより長く行うことができるからである。


7.ココモ法のデメリット


デメリット1:金銭的負担と制限

ココモ法の根底には、勝つまでゲームを続けるという前提があります。逆に言えば、ココモ法を成立させるには、連敗を耐えうる軍資金が必要であるということです。マーチンゲール法と比較した際には緩やかに増加するココモ法ですが、加速的に負債が増加していることには変わりありません。加えて、仮に金銭的負担に対処できた場合でも、カジノゲームにはテーブルリミット額といって、賭けられる最大の金額が決まっています。その金額以上に賭金が増えてしまうとココモ法を継続できなくなり、多大な負債を被ることになります。

デメリット2:ハイリスク

確率で言うと、ココモ法はマーチンゲール法には無い特殊なメリットがある一方で、マーチンゲール法よりもハイリスクなシステムベッティングとなっております。自分のプレイスタイルや状態をしっかり理解した上で、運用する必要があると言えます。


8.ココモ法を使う際のコツ


マーチンゲール法の「理論上必ず勝つ」特性と、連敗すればするほど稼げると言う非常に強い魅力を有するココモ法ですが、前述の通りデメリットもあります。それらを踏まえて、ココモ法を運用するにあたってのコツを覚えておいてください。

コツ1:初回ベット額を低く設定する。

連敗が続いた際に加速的に増加する負債額を耐えなければならないのがココモ法です。つまり初回のベット額が高いと、負債が増加するスピードをより早めてしまうリスクがあります。なので、このベッティングシステムを用いる際は、資金に対してなるべく小さい金額を賭けることをおすすめします。

コツ2:最高ベット額が高額なゲームを選択する。

賭金が増大化しやすいココモ法ですが、資金的問題を解決できたとしても、カジノゲームのテーブルリミット額のせいで強制的に負けてしまったら元も子もありません。そのためにも最高ベット額がより高いカジノゲーム・オンラインカジノ を選択しましょう。

コツ3:引き際を決めて、必ず守る。

非常に強力なココモ法ではありますが、あらゆる要因により負ける可能性は少なからずあります。また、負債額の巨額化という特徴を踏まえると、損切りを念頭にしておかなければなりません。ゲーム前の冷静な判断ができる内に引き際を設定し、損切りラインを超えた時は潔く身を引きましょう。負けるときは負けるのだと割り切ることも時には重要です。