日本のオンラインカジノを 正確に比較するサイト| 信頼できるカジノレビュー| カジノの勝利戦略とヒント、フリースピン情報などを無料提供

パーレー法|爆発力に安定をもたらすコンビネーション応用を徹底解説!

こんにちは!日々カジノでの勝利法を研究している、TopJapaneseCasinos編集部のケイイチです。質問があれば私に連絡してください。

パーレー法、別名「リバース・マーチンゲール法」には爆発的な利益を獲得できる可能性を秘めている一方で、「理論上は必ず負ける」という最悪な特性を裏に持ち合わせている。その欠点を緩和・解消する他の戦略との融合応用法を解説いたします!

このガイドでは、次のポイントを徹底的に解説します。

1.パーレー法とは?
2.パーレー法の概略
3.「パーレー法」X「マーチンゲール法」
4.「パーレー法」X「ウィナーズ投資法」


1.パーレー法とは?


パーレー法とは、別名「リバース・マーチンゲール法」と呼ばれる戦略であり、その名の通りマーチンゲール法を逆さに運用する戦略である。そしてその性質もマーチンゲール法の性質を逆さにしたものである。つまりパーレー法とは「理論上必ず“負ける”」戦略なのである。カジノプレイヤであるからには、そのような性質は受け入れ難く感じるのは当然である。しかし、そのデメリットの裏には、負けたとしても少額である点、連勝を重ねるごとに加速的に収益が膨れ上がる点といった、強力で魅力的なメリットを秘めている。

このページでは、パーレー法のデメリットである「理論上必ず“負ける”」という性質を逆手にとって、デメリットの影響力を緩和させる応用法をいくつかご紹介いたします。その応用法を駆使してデメリットが薄れれば、パーレー法は途端に、圧倒的メリットの魅力が際立つ戦略となるのです。


2.パーレー法の概略


前述の通り、パーレー法とは「リバース・マーチンゲール法」の別名です。そしてその戦略の全てを本サイトのマーチンゲール法のページにて徹底解説しております。そのためパーレー法の細かな運用方法や詳細情報はぜひ下記リンクより一読していただきたく存じます。

尚、復習も兼ねて本ページでもその概略をご説明さていただきます。

リンク①:マーチンゲール法|理論上必勝!カジノ攻略の基礎を徹底解説

リバース・マーチンゲール法とはマーチンゲール法の応用戦略のため、まずは基本を確認したい方は上記リンクをクリックしてください。

リンク②:リバース・マーチンゲール法

基本はすでに抑えており、リバース・マーチンゲール法をすぐに確認したい方はこちらのリンクをクリックしてください。

有効なゲーム

勝率50%配当2倍のゲームにおいてパーレー法を利用する事ができます。

代表的なゲームはルーレットやバカラ、ブラックジャックです。

オンラインカジノであれば下記ゲームで使用いただけます。

オンラインカジノライブカジノプロモーション今すぐプレイ
ラッキーニッキー最高$999までのマッチボーナス今すぐプレイしよう!
カジノゴッズ100%初回入金ボーナスを最高$100まで進呈!今すぐプレイしよう!
ウィニングキングスライブカードボーナス: カードゲーム5連勝で最大$500獲得今すぐプレイしよう!

やり方

一戦目は普通にプレイしていただき、その後は前回の勝敗に応じて下記の通りアクションを選択いたします。

負けた場合 ➡︎ 次回ゲームは初回賭け金額をベットする。

勝った場合 ➡︎ 次回ゲームは前回の倍の金額をベットする。

特徴

連勝を重ねるごとに賭金が倍になるので、圧倒的加速度で賭金が膨れ上がり、勝てばその大金を得られます。しかし、一度でも負けると積み上げてきた収益は、初回賭金分のマイナスになります。また、連勝すればするほど、次に勝てる可能性が0に収束するため、理論上いつか必ず初回賭金分のマイナス収益になるのです。

メリット

少ない軍資金でも、連勝さえものにできれば巨額の金額を狙える可能性を秘めています。一方で、どれだけ負けようとも、初回賭金額の積み重ねにしかならないので、精神的にもかなり負担が少ないです。

デメリット

唯一にして最大のデメリットが「理論上必ず“負ける”」事です。言い換え得れば、理論上はただ初回金額分のマイナスを積み重ねるシステムベッティングなのです。

💡 パーレー法単体でこのデメリットに対抗するには、引き際が非常に重要になります。つまり、連勝して手に入れた大金が一度負けただけで水の泡にならぬよう、連勝しているうちに戦略を中断・リセットするのです。しかし、引き際を注意しても、連勝自体が稀である点を踏まえると、この対抗策でも十分に対策できているとは言えません。

ではどうすればいいのか?答えは簡単です。「理論上必ず“負ける”」のであれば、「負け」に強いシステムベッティングと組み合わせて応用すれば良いのです!


3.「パーレー法」X「マーチンゲール法」


まずは基本ともいえる、パーレー法とマーチンゲール法の掛け合わせをご紹介いたします。組み合わせて運用するにあたって、マーチンゲール法の特性や詳細をしっかり抑えましょう。

詳細を確認する場合はこちらから➡︎マーチンゲール法

A)マーチンゲール法の概要

どれほど連敗が続こうが、一度でも勝てればそれまでの負債を帳消しにする、「理論上は必ず勝つ」戦略です。一方でどれだけ勝とうが収益率は低いため、コツコツ確実に勝利を積み重ねるという特徴があります。

B)マーチンゲール法の基本的なやり方

負けた場合 ➡︎ 前回の倍の金額をベットする。

勝った場合 ➡︎ 初回賭け金額をベットする。

C)「パーレー法」X「マーチンゲール法」のやり方

初回は普通にプレイしていただき、勝敗に応じて適応するシステムを選択する。

負けた場合 ➡︎ 賭金を初回金額にリセットしてマーチンゲール法に切り替え

連敗の場合 ➡︎ マーチンゲール法を続行

勝った場合 ➡︎ 賭金を初回金額にリセットしてパーレー法に切り替え

連勝の場合 ➡︎ パーレー法を続行

上記の通り運用するとどのようになるかを、下記シミュレーションで見てみましょう。

ポイント①:連敗しても「マーチンゲール法」の特性が発揮される。

つまり「理論上は絶対に勝つ」ようになっており、一度でも勝てば累計収支がプラス転換します。一方で、加速的に膨れる損失を耐える軍資金と精神力が必要という短所もあります。

ポイント②:勝敗が交互しても累計収支に影響がほぼ無い。

マーチンゲール法の「コツコツ勝つ」性質と、パーレー法の「負けが積み重なる」性質が相殺され、勝敗が交互する場合は変化が起こりません。

ポイント③:連勝すると「パーレー法」の特性が発揮される。

この点が、この組み合わせの応用においての鍵になります。なぜならここが稼ぎ時だからです。連勝すると、シミュレーションの通り爆発的加速で収支が増加します。しかし一度でも負けるとそれが帳消しになってしまうので、タイミングを見計ってこの応用システムを終了・リセットする必要があるのです。

D)総括

マーチンゲール法とパーレー法のコンビネーションは、互いの最大の長所を活かしながら、初回賭金分の金額が少しずつ増える・減るという地味な短所を相殺する、非常に強力な戦法であるといえます。

しかし、全ての短所がなくなった訳では無いということも、わかって頂けたかと存じます。マーチンゲール法とパーレー法をそれぞれしっかりと理解した上で、残ってしまった短所に対応し、コンビネーションとしてご活用ください。


4.「パーレー法」X「ウィナーズ投資法」


次に、パーレー法とウィナーズ投資法の掛け合わせをご紹介いたします。組み合わせて運用するにあたって、ウィナーズ投資法の特性や詳細をしっかり抑えましょう。

詳細を確認する場合はこちらから➡︎ウィナーズ投資法

A)ウィナーズ投資法の概要

ウィナーズ投資法の最大の特徴は、「勝つ」ためではなく「負けない」ための戦略であるという点です。よって負けている際に最大の効果を発揮しますが、勝っている時には何の意味もなしません。

B)ウィナーズ投資法の基本的なやり方

2連敗した際にシステムを開始し、前回賭けた金額を数列として記録していきます。2連敗以降はシステムが完結するまで、直前の勝敗に応じてアクションを選択する。

負けた場合 ➡︎ 負けた金額を数列の右端に記録する。次回ゲームは、数列の左端の金額を倍にした金額を賭ける。

勝った場合 ➡︎ 数列の左端の数字を消す。次回ゲームは、数列の左端の金額を倍にした金額を賭ける。

C)「パーレー法」X「ウィナーズ投資法」のやり方

ステップ1:2連敗するまではパーレー法を運用する。

ステップ2:2連敗したらウィナーズ投資法に切り替える。

ステップ3:ウィナーズ投資法が完結したら、初回金額にリセットしてステップ1に戻る。

上記の通り運用するとどのようになるかを、下記シミュレーションで見てみましょう。

ポイント①:連勝すると「パーレー法」の特性が発揮される。

この組み合わせの応用において、大きく稼ぐ可能性を秘める重要な場面です。繰り返しになりますが、パーレー法は連勝すると、シミュレーションの通り爆発的加速で収支が増加します。しかし一度でも負けるとそれが帳消しになってしまうので、タイミングを見計ってこの応用システムを終了・リセットしてください。

また、この組み合わせの応用は、2連敗というトリガーが発生するまではただのパーレー法と一緒です。つまり連勝した際にシステムを止めるなどのテクニックを用いないと、パーレー法のデメリットが際立つ「必ず“負ける”」ゲームになってしまいます。

ポイント②:2連敗すると「ウィナーズ投資法」が輝く。

「ウィナーズ投資法」が発動されればもう負けることは心配ありません。むしろ、負け回数よりも少ない勝ち回数で負債分を取り戻すどころか、システムが完結した際には大きくプラス転換している場合がありえます。

しかし「ウィナーズ投資法」の注意点が解消された訳では無いのでその点は注意しましょう。

D)総括

ウィナーズ投資法とパーレー法のコンビネーションは、相互作用があるというよりは、ウィナーズ投資法が発動されていない際の穴をパーレー法で埋めているというものです。つまり、不調な時期はウィナーズ投資法で耐えて、調子の良い時期は爆発力のあるパーレー法を使うという非常に安定感のある組み合わせなのです。

しかしこの組み合わせにおいても、全ての短所がなくなった訳では無いということをわかって頂けたかと存じます。ウィナーズ投資法とパーレー法をそれぞれしっかりと理解した上で短所に対応し、コンビネーションとしてご活用ください。