日本のオンラインカジノを 正確に比較するサイト| 信頼できるカジノレビュー| カジノの勝利戦略とヒント、フリースピン情報などを無料提供

モンテカルロ法|負けを大前提とした安定感抜群の戦略を徹底解説!

こんにちは!日々カジノでの勝利法を研究している、TopJapaneseCasinos編集部のケイイチです。質問があれば私に連絡してください。

カジノゲームにおける効率的・効果的な勝ち方をシステム化するシステムベッティング。勝率33%配当3倍のゲームに最大の効果を発揮する数少ない戦略!負けを前提に考案された初心者に一押しの戦略を授けます!

このガイドでは、次のポイントを徹底的に解説します。

1.モンテカルロ法とは?
2.モンテカルロ法が有効なゲーム
3.モンテカルロ法のやり方
4.モンテカルロ法の計算方法と理論
5.モンテカルロ法のメリット
6.モンテカルロ法のデメリット


1.モンテカルロ法とは?


モンテカルロ法とは数あるシステムベッティングの中でも負ける事への耐性が強い手法として知られている戦略の一つです。特徴として、負ける回数が勝つ回数を上回ることを想定していること、連敗時に損失の増加が緩やかなこと、3倍配当のゲームにも用いられることなどが挙げられます。

モンテカルロ法はマーチンゲール法に次いで有名な戦略で、カジノが潰れた事例があるとか…。運用方法が少し複雑であり、慣れないうちはメモをとる必要があるほどですが、それだけにかなり効果を期待できる手法でもあります。


2.モンテカルロ法が有効なゲーム


数あるカジノゲームやオンラインカジノの中でも、勝率50%配当2倍もしくは勝率33%配当3倍が存在する下記のゲームにおいて有効です。しかし、勝率と配当倍率の管理と調整ができる場合、他の様々なゲームにおいてもモンテカルロ法を応用できることをお忘れなく。

ルーレット:

ルーレットゲームの賭け方の中に、ボールが落ちたポケットの色が赤か黒かを賭ける、勝率50%配当2倍のプレイ法があります。もしくは、ダズンベットやコラムベットで賭ける勝率33%配当3倍のプレイ法であれば、モンテカルロ法をご利用いただけます。

バカラ:

プレイヤーかバンカーのいずれかが勝者となる2択で、モンテカルロ法を駆使しましょう。

ブラックジャック:

バカラ同様にプレイヤーかディーラーのいずれが勝者となり、ゲームを見極めればその勝率も50%。

他にもモンテカルロ法を試すのに打ってつけなオンラインゲームがこちらです。

オンラインカジノライブカジノプロモーション今すぐプレイ
ラッキーニッキー最高$999までのマッチボーナス今すぐプレイしよう!
カジノゴッズ100%初回入金ボーナスを最高$100まで進呈!今すぐプレイしよう!
ウィニングキングスライブカードボーナス: カードゲーム5連勝で最大$500獲得今すぐプレイしよう!

3.モンテカルロ法のやり方


モンテカルロ法の具体的な運用方法をご説明いたします。基本的なモンテカルロ法は下記のシンプルなステップを踏むだけで、誰もがご使用いただけるベッティングシステムとなっております。尚、勝率とその配当によって運用方法が少し異なる点をご注意ください。

勝率50%配当2倍の場合

ステップ1:勝率50%配当2倍に近いゲームを選択する。

カジノゲームには様々なゲームが存在し、一つのゲームの中にも様々な賭け方ができます。その中からおよそ50%の確率で勝てて、勝った際に掛け金の2倍の配当がもらえるゲームと賭け方をご選択いただきます。

ステップ2:数列「1,2,3」を記録する。

モンテカルロ法は数列を記録しながら運用する手法です。賭けを始める際の数列はいつでも「1,2,3」です。

ステップ3:数列の両端を足した数を基本賭金に乗算して賭ける。

モンテカルロ法では、ベッティングシステムが完結するまで、いつでもこのルールに則してゲームの賭金の金額を判断します。

ステップ4:勝敗に応じて数列を記録する。

第一回目は数列「1,2,3」にてプレーいただき、第二回目以降からは前回の勝敗に応じて次のように数列を記録します。そして更新された数列のもと、ステップ3とステップ4を繰り返します。数列が無くなるか、数字が1つになったらシステム終了です。

負けた場合 ➡︎ 前回賭金を数列の右端に記録。

勝った場合 ➡︎ 数列の両端の数字を1つずつ消す。

勝率33%配当3倍の場合

ステップ1:勝率33%配当3倍に近いゲームを選択する。

カジノゲームには様々なゲームが存在し、一つのゲームの中にも様々な賭け方ができます。その中からおよそ33%の確率で勝てて、勝った際に掛け金の3倍の配当がもらえるゲームと賭け方をご選択いただきます。

ステップ2からステップ3までは勝率50%配当2倍のゲームと同様

ステップ4:勝敗に応じて数列を記録する。

第一回目は数列「1,2,3」にてプレーいただき、第二回目以降からは前回の勝敗に応じて次のように数列を記録します。そして更新された数列のもと、ステップ3とステップ4を繰り返します。数列が無くなるか、数字が1つになったらシステム終了です。

負けた場合 ➡︎ 前回賭金を数列の右端に記録。

勝った場合 ➡︎ 数列の両端の数字を2つずつ消す。

この4ステップを行っていただくだけで、ゲームに負けてもその損失を最小に収め、勝った際に多くを取り返す事ができるベッティングシステムになっております。

たった4ステップとはいえ、かなり難易度の高い戦略のため、一度実例と共に初めから終わりまでを通しで行ってみましょう。

実践例(勝率33%配当3倍の場合)

ステップ1

まずはモンテカルロ法を適用できるゲームを選択しましょう。今回勝率33%配当3倍の実践例を行うため、ルーレットゲームのダズンベットやコラムベットなどがそれに該当します。

ステップ2

適切なゲームを選択できたのならば、次に数列を準備しましょう。慣れないうちはメモ用紙を準備して、記録していくことをお勧めします。モンテカルロ法を開始する際の最初の数列はいつも「1、2、3」なので、そのように記録します。

テキスト  低い精度で自動的に生成された説明

ステップ3 (1回目)

では早速ゲームを始めましょう。賭金は数列の両端を足した金額を賭けましょう。つまり今回は数列「1、2、3」の両端「1」と「3」を足した「4」賭けます。

テキスト  自動的に生成された説明

ステップ4 (1回目)

残念ながら1回目のベッティングでは負けてしまったとしましょう。なので、今回賭けた金額を数列の右端に記録します。つまり、数列に「4」が加わり「1、2、3、4」になります。

テキスト  中程度の精度で自動的に生成された説明

ステップ3 (2回目)

モンテカルロ法が完結するまでステップ3とステップ4を繰り返すため、再度ステップ3を行います。今回賭ける金額は、更新された数列の「1、2、3、4」の両端の数字である「1」と「4」を足した「5」を賭けます。

テキスト  自動的に生成された説明

ステップ4 (2回目)

2回目のベッティングも負けてしまいました。なので今回かけた金額「5」を数列に加えましょう。

テキスト  中程度の精度で自動的に生成された説明

ステップ3 (3回目)

挫けず3回目のベッティングをしましょう!今回賭ける金額が何になるか皆さんも考えてみてください!

答えは・・・

数列「1、2、3、4、5」の両端「1」と「5」を足して「6」ですね。

テキスト  自動的に生成された説明

ステップ4 (3回目)

3回目のベッティングは見事勝利したとします。勝率33%配当3倍のゲームで勝った場合は、数列の両端2つの数字を削除します。現在の数列は「1、2、3、4、5」のため、その両端2つの数字「1、2」と「4、5」を削除します。

カレンダー が含まれている画像  自動的に生成された説明

モンテカルロ法は数列の数字が1つになるか、数列が無くなったら終了のため、この実践例も終了となります。また一から数列「1、2、3」でモンテカルロ法を再挑戦するか、別の戦略を試してみてください!

今回の実践例の全体像は下記のグラフの通りになり、結果として金額にして「9」勝つことに成功しております。

実践の通り、上記のグラフのような収益計算をしなくても、モンテカルロ法を忠実に遂行すればほとんどの場合プラス収益を得る事ができます!


4.モンテカルロ法の計算方法と理論


モンテカルロ法を用いてゲームをプレイした際のシミュレーションとともに、その理論を解説させていただきます。

表① 勝率33%配当3倍のゲームにて連敗からの連勝


ポイント1:負けや連敗が重なっても、損失の増加が緩やか!

表①のシミュレーションを見ると分かるとおり、モンテカルロ法を用いると、連敗が長引いても、他のシステムベッティングと違って負債額が加速的に増えるようなことは起きません。連敗時の負債の増加速度は、数列の左端の数字分だけと一定となっております。

逆にいえば、モンテカルロ法を運用している中で、左端の数字が大きくなってくると、負債の増加スピードも一定ではあるものの大きくなります。

ポイント2:少ない回数の勝ちでも負債額を取り戻せる!

表①の通り、負ける回数の方が多い場面や、連敗をたくさんする場面でも、負けの回数と比較して少ない勝利で負債を回収する事ができます。

表② 勝率50%配当2倍のゲームにて連敗からの連勝


ポイント3:勝率33%配当3倍の方が回収率かが早い!

表①の勝率33%配当3倍では2連勝でプラス転換している一方、表②の勝率50%配当2倍では3連勝でプラス転換しています。配当の倍率が違うので当然ですが、倍率が大きいほど回収率は高くなるのです。

表③ 勝率33%配当3倍のゲームにて連敗と勝利を交互に繰り返す


ポイント4:敗北と勝利を交互に繰り返すと賭金が大きくなる!

表③で見て取れるように、敗北と勝利を繰り返し、ベッティングシステムを完結できずにいると、賭金が加速的に増加していきます。賭金の増加はリスクの増加につながるので注意せねばなりません。

ポイント5:稀にマイナス収支でシステムが完結する

モンテカルロ法のシステムが完結する時、大抵はプラス収支で終わりますが、稀にマイナス収支で終わる場合があります。尚マイナス収支と言っても極めて少額なため、そういうこともあるのだと割り切って再度モンテカルロ法か他の戦略を挑戦しましょう。


5.モンテカルロ法のメリット


モンテカルロ法に詳しくなった今、その良さを感じていただいていると思すが、戦略を定着させるためにも一度そのメリットを明示いたします。

メリット1:負債の増加スピードが緩やか

モンテカルロ法は負けを大前提として考案された戦略です。よって、今まで説明させていただいた通り、複数の敗北や連敗の影響を最小にすることで初心者にも資金管理がしやすいベッティングシステムとなっております。

メリット2:抜群の安定感

モンテカルロ法は、敗北の影響が小さい一方で、勝った際に最大の効果を発揮するため、非常に高い安定感を有しております。特に、勝率33%配当3倍のゲームではこの戦略のメリットが特に顕著に現れます。負けない戦略にはマーチンゲール法ウィナーズ投資法が挙げられますが、勝率33%配当3倍にはモンテカルロ法をぜひ活用してください。


6.モンテカルロ法のデメリット


デメリット1:システムが長引くと賭金が膨れ上がる

前述した通り、モンテカルロ法はシステムが完結せずに長引くと、賭金が加速的に増加する性質があります。賭金の増加は、軍資金の制限、カジノゲームで設定される最高ベット額の上限、精神的負担の増加など、様々なリスクを増やすことを意味します。よってモンテカルロ法を運用する際は、それらを念頭に置きながら、常に引き際も考えながらプレーしてください。また、モンテカルロ法は完結せずとも収支がプラス転換している場合が往々にしてあるため、プラス転換した際に切り上げるのもコツの一つです。

デメリット2:システムの運用が複雑

モンテカルロ法の難点は、システムを運用するにあたって、数列の記録・管理を行って進めなければならない点です。これは初心者に限らず相当慣れていても、他のシステムベッティングと比べて、メモなしで行うのは難易度が高いです。しかし、ランドカジノではメモをとることを禁止している場合もあるため、この点が大きなデメリットです。

一方で、オンラインカジノであれば、メモなんてとり放題なので、この点は全く問題にならないでしょう!